So-net無料ブログ作成

古墳時代 大避山古墳と若狭野古墳 [社会人のための高校日本史]

outline    
    相生市北部 相生市南部
3世紀 邪馬台国 前方後円墳 大避山古墳  
4世紀      
5世紀 倭の五王 巨大な前方後円墳   塚森古墳
6世紀  横穴式石室へ    
7世紀 飛鳥時代  古墳と寺院の共存 若狭野古墳 那波野古墳
 
 
170504_1_若狭野地図.jpg
 
矢野荘の中心部には、3世紀の大避山古墳と7世紀の若狭野古墳があります。古墳としては初期のものと末期のもので、古墳時代を通じてこの地域が大和政権と密接な関係を持っていたことがわかります。
 
170512_2.jpg
 
大避山古墳は3世紀の前方後円墳で、邪馬台国の時代にあたります。山の山頂部に築かれています。前方部の到着したところです。
 
170512_3.jpg
 
大避山古墳の竪穴式石室が陥没している部分です。
 
170611_1_tsukamori.jpg
 
那波野にある塚森古墳。前方後円墳の後方部が小さいホタテ型古墳です。周囲に濠をめぐらした、私たちが古墳といって思い浮かべるイメージに近い古墳です。
 
170611_2_wakasano.jpg
 
若狭野陣屋の近くにある若狭野古墳。7世紀に築かれた方墳です。古墳としては最終期のもので、この時期に古墳を築くことを許されたのは、中央政府と何らかの関係を持った者に限られていました。初期の方墳はステータスが低いのですが、末期の方墳は円墳より高いステータスを示すそうです。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0