So-net無料ブログ作成

新聞で読む戦前の相生 [進水記念絵葉書]

img1201syataku.jpg
 
第一次世界大戦中、鈴木商店が播磨造船所を拡張し、従業員のための社宅を建てました。造船所の従業員は、社員と職工に分かれており、社宅も一戸建ての社員社宅と長屋の職工社宅がありました。
 
大阪朝日新聞 1919.08.29(大正8)の記事はこう伝えています。
「社宅には、三間の職工社宅と門構えのある六間の社宅があるが。造船所は家賃さえ支払えば、職工・社員がどの社宅に住んでも構わないとしている。もっとも、職工で六間の社宅を選ぶ者はいないが。」
 
神戸大学電子図書館システム新聞記事文庫で、相生関係の記事を探しました。
リンクから新聞記事を読みますと、大正時代の相生の雰囲気が伝わってきます。
 
神戸大学電子図書館システム新聞記事文庫で読む相生  大正時代  
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
大阪毎日新聞 1915.05.07(大正4)
相生と坂越の将来
 
相生港が造船所とともに発展していることを報じ、「那波と相生は同心異体の間柄である。殊に其築港計画が那波と相生の中間に起さるるの関係上、将来は那波も相生も連接合併して大なる市街を建設すべき運命に在るものと予想せねばならぬ」と結んでいる。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
神戸又新日報 1917.7.28(大正6)
鈴木造船大拡張
 
鈴木商店が播磨船渠・鳥羽造船を買収し、播磨は船台を2台から5台に増築、鳥羽は木造船から鋼鉄船に変更しようとしている様子が記述されている。鈴木商店が、米国からの輸入鋼材を確保していたことも書かれている。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
神戸又新日報 1918.02.09(大正7)
軌道の要らぬ電車 : 本邦最初の新交通機関
 
唐端清太郎氏外八名が、山陽線那波停車場前から相生町へ電鉄を敷設する計画を提出した。実現していたら、日本最初のトロリーバスになっていた。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
神戸又新日報 1918.03.18-1918.03.22(大正7)
西播の港湾
 
港湾政策の立場から、岩見・室津・相生・那波・坂越・新浜・塩屋の港を考察した記事。
相生港は、「西播唯一の工業港」と評価され、唐端清太郎の活躍、播磨造船所の成り立ち及び極東硝子操業開始についての記述がある。那波港は、赤穂塩の鉄道への積み替え港とされ、浚渫が絶えず行われていたと記述されている。坂越港と奥藤家の保守的な姿勢も興味深い。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。 
 
-----------------------------------------------------------------------------
 
大阪朝日 1919.08.29(大正8)
職工も社員も同じ長屋に
播磨造船所の階級的待遇無差別と排温情主義
 
造船所の従業員は5000を越え、造船所は社宅を急増させた。社宅には、三間の職工社宅と門構えのある六間の社宅があるが。造船所は家賃さえ支払えば、職工・社員がどの社宅に住んでも構わないとしている。もっとも、職工で六間の社宅を選ぶ者はいないが。活気にわく相生の町、友愛会の進出、庶務課長北村徳太郎氏が友愛会機関誌の愛読者であること等を特派員がレポートしている。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。  
 
-----------------------------------------------------------------------------
 
大阪毎日 1919.09.14(大正8)
播磨造船臨時休業
技師職長を襲撃し多数の負傷者を出す
 
播磨造船所の職工が増給を要求、会社との交渉が不調におわると、職長・組長の部屋に押しかける騒ぎとなった。那波分署長は姫路署長に応援を依頼、神戸の本社から辻専務が出張するなど緊迫した事態が続いている。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。    
 
------------------------------------------------------------------------------
 
大阪朝日 1920.02.06(大正9)
神戸の補助港たらんとする相生港
臨港鉄道敷設請願
 
播磨造船所の興隆によって相生町の人口は倍増し15000に達した。相生港をさらに発展させるためには、山陽線那波駅より相生町まで引込線を敷設する必要がある。薮谷より松の浦の間の県道の西側海面約一万坪を埋立て之れに充て尚荷揚場、貯蔵所を設置しようという計画である。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
大阪毎日 1920.05.14(大正9)
造船所職工結束して日用品不買の申合せ
原因は村税賦課から那波村の紛擾
     
那波村が造船所の職員職工に附加税が課税したことに、職員職工が反発、村長・議員の辞職を要求した。役員職工は結束して同村在住の販売屋理髪業女髪結は勿論新聞店に至るまで往復を遮断し一品の供給も受けないことにした。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
大阪時事 1921.02.08(大正10)
播磨造船の職工解雇
辻取締役より職工に窮状を訴う
 
播磨造船所は神戸製鋼所に併合する事に内定していた。その前提として、職工冗員の淘汰を断行することに決定し、播磨造船所では七日午後辻取締役が職工を招集、実情を語り職工五千名の中九百八十名を解雇することを発表した。涙金の額は、大阪鉄工所等より多い。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
大阪時事 1921.08.12(大正10)
経営せる播磨造船の職工に生活難の叫び
会社側は主脳者を解職す
 
神戸製鋼所の経営に移ると同時に播磨造船所の事業が縮小された。各工場の有志は馘首手当・工場委員制度の採用、 積立金の配当を行え等の要求案を提げ旗上をなさんとしたが、会社は約二十名を馘首した 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
大阪時事新報 1921.08.19(大正10)
播磨造船所の労働演説会
物々しい警戒裏に中止、中止で了る
 
赤穂郡相生町巴座に於て労働演説大会が開催された。播磨造船所の職工が不穏な折柄とあって、警察が会場内を警戒し、署長監視の下に播磨造船の労働組合長神野氏が開会の辞を述べた。 幸いに一人の検束者も出さなかったが、地方には珍らしい物々しい演説会であった。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。     
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
神戸又新日報 1921.8.10(大正10) 
波斯石油積取 橘丸と満珠丸
帝国石油会社所属油槽船橘丸は、神戸の鈴木商店傭船として倫敦からアパータンへ直航した。播磨造船所で艤装中の姉妹船満珠丸は、九月上旬には鈴木商店の傭船として大連より豆油を積載、英国倫敦に向かう。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
神戸新聞 1922.09.01(大正11) 謝っても買ってやらぬと愈よ鼻息が荒くなった女房連
播磨造船社宅の不買同盟 規約八箇条を設けて結束
 
古池の播磨造船所社宅七十五戸の主婦が、結束して同部落の売店四戸に対し不買同盟を実行し、他部落の売店矢野仙吉方から物資の購入することになった。矢面にたった四商店は手も足も出ない状態である。 
 
この記事は、神戸大学電子図書館システムの新聞記事文庫で読むことができます。
 
------------------------------------------------------------------------------- 

nice!(1) 
共通テーマ:地域

nice! 1