So-net無料ブログ作成
検索選択

教科書が説明する荘園 [皇室領矢野荘]

高校日本史の教科書では、荘園をどのように説明しているのでしょうか。手近にあった四社六冊の教科書を読んで、適当にまとめてみました。
 
 ​
奈良時代の初期荘園
 ​
政府は人口増加による口分田の不足を補うため、743年、墾田永年私財法を発し、開発した田地の私有を保障した。東大寺などの大寺院は、広大な原野を独占し、国司や郡司の協力のもとに、付近の農民や浮浪人らを使用して原野の開墾を行った。これを初期荘園という。
 
8~9世紀に生まれた初期荘園は、律令国家の地方支配機構である国衙制に依存して経営されていたので、その多くが10世紀までに衰退していった。
​ 
 
平安時代の寄進地系荘園
  
班田収授が行われなくなると、口分田は国司のもとで国衙が管理するようになった。これを国衙領という。10世紀後半、国衙は田地を拡大するため、開発領主に臨時雑役免除などの便宜をはかった。開発領主の多くは国衙の在庁官人になったが、一部は所領を中央の権力者(領家・本家)に寄進して荘官となった。
 
こうした荘園は寄進地系荘園と呼ばれ、11世紀後半に各地に広がった。荘園は課税対象であるが、寄進地系荘園のなかから権力者の権威を背景に税の免除(不輸)を承認してもらう荘園が現れてくる。
  
 
後三条天皇の荘園整理令​
​ 
平安時代の国司は中級貴族が任命される。中級貴族は国司となって財をなすことを望んでいた。国司は税率を決定する権限を持ち、徴税請負額を政府に納める義務を負った。国司の収入は実際の徴税額から請負額を差し引いたものになる。
 
不輸の荘園が増えると、上級貴族や大社寺の収入が増えて、国司(中級貴族)の収入が減少する。1069年、国司の支持を受けた後三条天皇は荘園整理令を出し、基準にあわない荘園を停止した。摂関家や大社寺の荘園も例外ではなく、整理令は成果をあげた。
 
荘園整理によって、国司の支配する公領と、貴族や大社寺が支配する荘園の区別が明確になった。この時点では、公領が多くの部分を占めていた。一方、整理令で基準が明示された結果、整理されなかった荘園の法的根拠は強化された。
 ​
 
鳥羽上皇の方針転換
  
白河上皇は国司を支持勢力に取り込んで院政を始め、荘園整理の方針を受け継いだ。ところが、鳥羽上皇は荘園を積極的に認める方針に転換する。天皇家には荘園の寄進が集中し、摂関家や大寺院への寄進も増加した。不輸・不入の権を持つ荘園が増加し、荘園の独立性が強まった。
 
鳥羽上皇が集めた荘園群(八条院領)は大覚寺統に受け継がれ、後白河上皇が集めた荘園群(長講堂領)は持明院統に受け継がれた。
​ 
 
領域型荘園
 
もう少し踏み込んだ記述をしている教科書では「領域型荘園」という言葉が使われている。
 
白河天皇は荘園整理政策を継承したが、上皇となって院政を始めると、次々と寺院を建立し、その運営費用をまかなうために荘園を新設した。院と関係の深い貴族から所領が寄進され、国司の協力も得て広大な領域の荘園(領域型荘園)が立荘された。
 
12世紀前半の鳥羽院政期にかけて、院・摂関家・有力寺社の領域型荘園が、院権力の主導のもとにつくられ、中世荘園が確立した。領域型荘園では、荘民は租税をすべて荘園領主に納めるようになった。
 
公領でも開発領主の所領化が進み、全国の土地は同じような性格をもった荘園と公領に編成された。荘園公領制は中世の土地制度の基本となった。
 ​
教師用資料として配布された鎌倉佐保先生の解説です
 
 
中世は荘園公領制の時代
 ​
現在の教科書は、後三条天皇の荘園整理によって荘園が合法化され、鳥羽上皇の荘園拡張政策の結果、荘園公領制が成立して中世が始まると説く。そして、院政・鎌倉幕府・南北朝・室町幕府を中世でひとまとまりにする。
 
荘園は応仁の乱頃から解体が始まり、戦国時代に実質的に消滅、太閤検地で名実ともに消滅する。そして、検地による土地制度の時代=近世(豊臣政権から江戸時代)が幕を開ける。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0