So-net無料ブログ作成
検索選択

第二回浅野陣屋見学会 [浅野陣屋2016]

朝日新聞の記事にもありますように、6月4日土曜日14時より、浅野陣屋見学会を行います。現地集合です。無料。予約不要。

ナビでは、相生市若狭野町若狭野788 または 法界庵

東(相生駅方面)から来る場合、サークルK前での右折は危険です。若狭野交差点で信号にしたがって右折を薦めます。

 160531_1_map.jpg


朝日新聞に掲載されました [浅野陣屋2016]

朝日新聞が、陣屋保存を取り上げ、私たちの活動を紹介してくださいました

『グループは、世界記憶遺産「東寺百合文書」(国宝)が詳細を伝える荘園「矢野荘(やののしょう)」の位置と市域とがほぼ一致することにも注目。鎌倉~戦国時代に東寺の荘園だったという歴史に基づいて市を「荘園都市あいおい」と位置づけ、造船で栄えた近代も含めさままざまな時代の歴史を観光資源にする「日本史まなびツーリズム」を提唱する』

160521_1.jpg

この春まで、浅野陣屋は文化財として公的機関が責任をもって保存するだろうと思っていました。

「陣屋跡の建物は大幅に補修されていて文化財指定は難しい。ただ文化的な価値はあり、情報発信の拠点など活用の道はあるのではないか。郷土の歴史に関心が高まればうれしい」 これは、新聞記事のなかの参事の談話です。 問題は、情報発信の拠点として活用したり、文化的な価値を守ったり、郷土の歴史への関心を高めたりするために中心となって動き、人的・資金的負担をする主体は誰なのか?ということです。

公的機関は保存に取り組まないのですか?信じられない・・・という数ヶ月を経て、本当に誰も取り組まないのであれば、私たちのグループが手をあげて事態の打開を図ろうと決意しました。

浅野陣屋の札座を私たち民間のグループが保存していくためには、保存費用を捻出するスキームを考える必要がありました。  

浅野陣屋 → 矢野荘 → 日本史まなびツーリズム  → 荘園都市あいおい 

と構想を広げ、「荘園都市あいおい」という地域ブランディングが成功して初めて浅野陣屋を保存し活用していく展望が開けるという結論に達しました。

もともと、私たちのグループは、ソーシャル・エンタープライズを目指していました。私たちの目には、浅野陣屋はとても素敵な素材に見えます。荘園都市あいおい・日本史まなびツーリズムは筋の良いグランドデザインに思えます。

私たち民間グループが取り組むのであれば、文化財に指定されない方が自由に活用できます。旗本浅野家が建築したという由緒を活かした「浅野陣屋記念館」を創っていきたいと思います。

 160524_1_aioi.jpg

冊子「札座保存プロジェクト」の結びの言葉です。

浅野陣屋の札座(法界庵)の保存に手を挙げてから一ヶ月が経ちました。すべてが手探りのなかで、雨漏りなど緊急の処置が終わりました。保存運動に参加してくださる方も少しずつ増え、建築の専門家、歴史の専門家とも連絡がつき始めています。

この小冊子は、浅野陣屋について知っていただきたいと思って作りました。売り上げは札座の修復資金に加えます。

書きながら、札座の修復・保存だけでなく、毎年の維持費とさらなる復元をどう進めようかと考えました。そして、浅野陣屋と庄屋屋敷を結ぶ「日本史まなびツーリズム 皇室領矢野荘」からの収益で浅野陣屋を維持する構想を立てました。

構想を実証するために相生の歴史的資産を探して現地を歩きますと、歴史はこうして学ぶのだと実感します。知識がなければ何でもない風景が、知識と想像力で歴史に変わっていきます。ポジショニングを上手く設定すれば、歴史を学びたい人たちが相生にやってくるようになるでしょう。それが、浅野陣屋を長期的に維持する源泉につながります。

短期的な目標は、浅野陣屋の札座保存
長期的な目標は、日本史まなびツーリズム

この小冊子をあなたが手に取ってくださることから、すべてが始まります。皆様のご支援・ご協力をお願いします。

160528_1_book800.jpg 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

札座保存ネットワーク販売店 [浅野陣屋2016]

札座保存プロジェクトの冊子A5版の販売を始めました
桜色の表紙 A5版118頁(うちカラー30頁)1000円

販売ボランティアの方々に冊子をお渡ししました

常設店舗はこちらです

旭地区  まんが村
相生地区 あいあい広場
矢野地区 下田の古民家「庄屋屋敷」

水色の表紙 A4版118頁 全モノクロ 1500円
  A5版を141%拡大してA4にしたものです
残り部数が少ないので、庄屋屋敷のみで販売しています

 160529poster.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

冊子の販売ボランティア募集 [浅野陣屋2016]

札座保存プロジェクトの冊子A5版ができました。

桜色がA5版118頁(うちカラー30頁)1000円 水色がA4版118頁 1500円 

桜色は11ポイント活字 水色は15ポイント活字です

著者・編集者・販売者は全てボランティアで、収益は札座保存基金として積み立てます。 販売ボランティアを募集しています。無償です。 札座保存に成功したら、ボランティアの名をプレートに刻んで室内に設置し、感謝の気持ちを長く伝えたいと思っています。

 160528_1_book800.jpg書籍版札座保存プロジェクト.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

荘園都市あいおい [浅野陣屋2016]

160524_1_aioi.jpg 

11_hatena100.jpg

遠くへ出掛けて「相生ってどこにあるの?どんな町?」と尋ねられたとき、一言で返事ができますか。

「あかとんぼの町、龍野」「忠臣蔵の町、赤穂」と一言で答え「ああ、あの・・・」でわかってもらえると便利ですよね。龍野・赤穂は地域ブランディングの成功例です。相生も地域ブランディングに挑戦しましょう。

12_maru100.jpg

『荘園都市あいおい』

しばらくの間は「それ何?」という期間が続くでしょう。そのときは「私たちの相生は、恐れ多くも、皇室領の荘園がそのまま都市として続いているのだ」と堂々と答えましょう。「皇室」、「荘園」と意表をつく言葉の連発が素晴らしい。

13_yoro100.jpg

こうして、PRを続けていくと「荘園都 市あいおい」という言葉が定着します。 (早ければ数年)

 

 

『荘園都市あいおい』と名付けた理由

①ひとつの荘園がそのまま現代に至り、ひとつの自治体 になっている地域は他にない。

②世界記憶遺産「東寺百合文書」というエビデンスがあ り、皇室領という優位性がある。

③工業化から自然との共生へ転換する現在、「荘園」とい うという言葉は自然・歴史を連想させ、時代の趨勢にあ っている。

④古代の秦河勝・中世の美福門院・近世の旗本浅野家・近 代の鈴木商店とそれぞれの時代にスター性のある人物を 配置でき、それにみあう歴史的資産が現存する。

⑤羅漢石仏・万葉岬・ペーロン・大ちゃんは「荘園都市あ いおい」を構成する重要な要素となる。

⑥現在、「荘園都市」と名乗る地域はない。「荘園都市」 は絶対優位性を持つ。

⑦「荘園都市」にフォロワーが現れても、皇室領矢野荘 と新幹線相生駅」というように、歴史性とアクセスの 良さの両方を併せ持つ地域はない。

⑧「荘園」・「中世」を観光化した岩手県骨寺村荘園、 大分県田染荘園と比べ、新幹線により矢野荘は人口集 積地である三大都市圏からのアクセスが良いという優 位性がある。「荘園」・「中世」をテーマパーク化し た岡山県井原市「中世夢が原」と比べ、矢野荘は歴史 的価値において優位性がある。

⑨姫路・龍野・赤穂は「城下町」で、「荘園都市」とは 競合しない。「荘園都市あいおい」は、城下町とは異 なるポジショニングで唯一性・独自性を発揮した観光地を目指すことができる。

0002_satuza650jpg.jpg

札座保存の意義

①相生唯一の武家造りの江戸時代の建築物で、浅野陣屋という由緒を持つ。 あの浅野、あの忠臣蔵、あの天王寺屋、唯一現存する札座というブランド価値

②「日本史まなびツーリズム」の拠点として活用できる。

 160527_3.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行